嘘と証明できないから事実

第2次世界大戦中に設計・開発がすすめられた、大英帝国の超重戦車。何種類かバリエーションがあり、TOG重戦車と総称される。
第1次大戦の教訓から「泥沼の塹壕でも乗り越えられる戦車」を目指して開発がすすめられた結果、大型化しキャタピラも大きくなった。

しかし試作車が完成した頃には設計思想そのものが時代遅れと化し、制式採用はされなかった。
ひたすら塹壕にこもっていた第1次大戦とは違い、第2次大戦は機動力が大きなカギとなる戦争が展開されたため、塹壕と泥沼を超えることに特化した結果車体が大型化し重量が増えてしまったTOG重戦車には居場所がなかったのである。
どれくらいでかくて遅いかというと、同時期に似たような戦車を試作し「でかすぎ重すぎ遅すぎだろバカ」と言われたドイツのマウスよりも長く、また総重量はマウスより100tも軽いにも関わらず最高速度は13km/hと敗北するという体たらく。
そもそも第1次大戦(〜1918年)頃の設計者を集めて開発させたんだもの、20年以上経ったら流石にね。
ちなみに「TOG」とは「The Old Gang」(古いろくでなし)、と呼ばれた開発設計チームの渾名の頭文字をとったもの、という時点でね…。

その長くてデカくて重くて扱いづらいTOG重戦車は、その長さを揶揄され「TOOOOOOOOOOOOOOOOOG」や「LOOOOOOOOOOOOOOOOOONG」と書かれることもしばしば。
そんなクソ戦車だからクソゲーオブザイヤーなんかに選ばれてしまうのである。





え?テイルズオブグレイセス???

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます