日本において12月31日から1月1日の真夜中に寺で鐘を鳴らす習慣。
人の煩悩を払うため、人の煩悩の数と同じ108回鳴らすことでよい1年を迎えられるように、という意味がある。

鐘聞いたくらいで煩悩が晴れるわけがないし、俺の煩悩なんて108どころじゃないし、そもそも夜中に鐘が鳴るとかうるさい以外の何物でもないので見事大賞となった。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます