マックス・コンラート・フェリックス・シュルツ(1874〜1917)は第一次大戦期ドイツ海軍の水雷艇艦長。
1916年のユトランド沖海戦において、味方の巡洋戦艦を救援するため、イギリスのジェリコー率いる戦艦隊に勇敢な突撃を行ったことで知られる。
1917年1月23日に英国海軍との戦闘で彼が指揮する水雷艇V69が大損害を受けた際に、死亡した。
というようなことが英語版wikipediaに書いてあったが、正直言ってよく知らないので2019年大賞になった。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます