言っておくが性犯罪に繋がるぞ

概要

伝説の打ち切り漫画の仲間入りを果たした
サムライ8 -八丸伝-』からのセリフ。
正しくは「・・・まるで八丸くんみたい」と書く。

ラスボス戦で主人公・八丸が最終決戦で散体*1し、
別離したヒロインのアンが八丸の意思を継ぎ、再び旅に出ようとする勇姿を見てどう思うかと聞いた際に仲間から向けられたセリフである。
とまぁ、なんとも打ち切り漫画らしい展開である。

では何が問題なのか

当の主人公である八丸が天然という言葉では片付かない生粋のクソ野郎であり、
多くの読者からヘイトを買っていた事が問題視されている。

まずこの漫画のキャラクター全体の問題として、
・やけに回りくどいセリフを繰り返す。
・ハッキリとものを言わずはぐらかしているセリフが多い。
・他人への思いやりに欠けた言動や行動が目につく。
という傾向があるが、八丸もそれに当てはまっており
「師匠がどう思おうが、失望されたかどうかはオレが決める事にするよ」
というセリフがその傾向を象徴してるとも言える。

また八丸個人の問題で、最も読者のヘイトを買ったエピソードを挙げると、
・ヒロインに料理を作らせておいて(それもかなりの量)、自分は黙って外食していた事を当のヒロインに悪びれもなく告げる。(通称:カツ八)*2
・ヒロインと唯一の常識人ポジが少し雰囲気が良かった事に嫉妬して不貞腐れ、周りの雰囲気を悪くした挙句ヒロインに八つ当たり。(通称:パワハラ8)
・ヒロインの弱みにつけ込み、一方的に責めて何故かヒロインに謝らせる。(通称:DV八)*3
と言った具合であり、主人公失格*4どころか人間失格の謗りを受けても仕方ないレベルの人格であると評価されている。*5

つまりどういうことだってばよ

そういった八丸の人格もあり、他人を「まるで八丸くんみたい」と評することは人間性を否定する最大限の侮辱であり、
ヘイトスピーチとサムライ8(エイト)を文字って「エイトスピーチ」とも呼ばれる。
そして、スレ内でこのセリフを使って評価されたスマブラ君は当然クソゲーである。
「スマブラ君がどう思おうが、クソゲーかどうかはスレ住人が決める事にするよ。」

このページへのコメント

やってる事が暗黒期のゆで先生そのものだこれ
「キン肉マンの成功に甘んじて、連載序盤のスグルみたいなクソ主人公を描く」→「純粋に不快な作品となり不評を買う」→「成長を描ききる前に打ち切り」というパターンを3回くらいやってた

1
Posted by 名無し(ID:IxNs1YRkPQ) 2020年08月01日(土) 22:03:13 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます