ワ行の「う」の音に相当する文字。
ゐ(ヰ)ゑ(ヱ)の選評を見た人ならははん、昔は使われてたけど今は消えた文字だろ、消えるのが早すぎて文字が残ってないんだ、と早とちりするかもしれないが(筆者もそう思った)、

なんと元々は存在しなかったらしい。

確かに、かの有名ないろは歌には「う」は1回しか登場しない。
しかしワ行のう(ウ)は存在する。

なんと江戸時代に新たに生み出されたらしい。

詳しい経緯は分からないが、当時から暗躍していた日本語警察が生み出したんじゃないかな。

その数奇な出自と、結局ほとんど使われずに歴史の闇に葬られた末路が可哀想という理由、何よりワ行に3つしかないし1つはンだし地味で見栄えよくないよねという理由で大賞となった。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます